密葬のマナー

近年、密葬を執り行う方が多くなってきているようです。
費用を抑えたい、ゆっくりと故人との別れの時を過ごしたいと理由は様々です。
本来の「密葬」というのは、本葬式をおこなうのを前提とした儀礼です。
しかし最近では小規模のお葬式のことを示す場合もあるようですね。

密葬にはいくつかマナーがあります。
ひっそりとおこなう事を望んでいるので、呼ばれていないのであれば家族が落ち着いてから弔問するのが良いでしょう。

香典や弔電のタイミングも少し時間を置いてからがベストです。
不幸を人に話すのもマナー違反なのでやめましょう。

執り行う側も、参列者にしっかりと密葬をおこなうことを知らせます。
参列者以外にもお葬式をおこなった事を49日をめどに通知しましょう。
密葬をおこなう場合、通知を受け取った側が迷う事も多いので、わかりやすく伝える事も大切です。

香典を受け付けるのかどうか、本葬式が執り行われるのかどうかもわかるようにするのも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*